カメを歩く
ひさしぶりの瓶ヶ森を歩いてみた。
男山でも女山でも、山頂に吹く風は、もうブルブル寒いぐらいでした。

d0145365_12114071.jpg


d0145365_12121556.jpg


むかーし、数ヶ月づつ2シーズン、林道途中の山荘で過ごしたことがあります。
そのころはまだ、未舗装の道をガッタンゴットン、
ボロボロジープで走ってたモンだけど、
今はすっかり道路に舗装が施されて、快適ソノモノでござりますネ。

d0145365_12125995.jpg


あじさいの花トンネル。

d0145365_12135043.jpg


「叫び」の木。

d0145365_12142743.jpg


レタッチ、合成、いじって遊んだ。

d0145365_12152245.jpg


これはほぼ撮って出し。

d0145365_12324344.jpg


風の行方を、目で追うと、
夏の、後ろ姿が、見えたよ~な。
[PR]
by seicolin | 2008-08-21 12:36 | 景色とか | Comments(4)
Commented by ねこ♪ at 2008-08-21 15:28 x
ほんとだ、夏の後姿、見えてますね。
山に登るとは、ikukoさんパワフルですねぇ。
お疲れ様でした。
涼しい山のさわやかな空気の中で深呼吸した気分です。
Commented by ballwell at 2008-08-21 21:07 x
なんと、山荘に数ヶ月も!
山の子なんですね、ikukoさん。
山の隅々を知り尽くしたお写真、さすがです。
暑かった夏も、後ろ姿で去り始めましたね。
涼しくなるのはうれしいけど、ちょっと寂しいような・・・。
Commented by seicolin at 2008-08-24 08:14
>ねこ♪さん

あっはっは、涼を求めると、つい高いところに登りたがるんです(笑)。
広大な360度熊笹ビューで、ツカレもふっとびます。
翌日は湿布だらけになりますけど……(笑)。
Commented by seicolin at 2008-08-24 08:20
>ballwell さん

いやー、ぶっちゃけ、暑さ逃れが目的だったんで、山はいまだにわかんないです(笑)。
けど、自然の見せる様々な姿に、目のウロコぐらいは落ちたかなぁ。
山のおかげで、新車が風でひっくり返っても、笑って許せる性格にはなれました(笑)。


<< 水辺にて 夜を待つ >>