春暁
イマドキの、ぬるい温度は散歩向け。
野良ニャンも、ぽかぽか春を満喫しているご様子。



ヒタヒタ……ジロリ。

「おめえさん、オイラの後ろに立つんじゃねえぜ!!
それ以上近づけば、ノラ生活で研いで研いで研ぎまくった、自慢のツメが火をふくぜ!!」

d0145365_742386.jpg




ヒタヒタ……シカト。

「悪いけど、アタシ忙しいのよネ。
そんなレンズにかまってるヒマなんてないんだからほっといて。」

d0145365_77299.jpg




しかし、そんな彼らを、この季節誰の身にも訪れくる生理現象が襲った!!


 





こっくり、こっくり。

d0145365_714223.jpg



すぴー。

d0145365_7151881.jpg




そういえばかの孟浩然さんもこうおっしゃっておられましたなぁ……。

春眠 暁を覚えず
処処 啼鳥を聞く
夜来 風雨の声
花落つることを知らず多少ぞ
[PR]
by seicolin | 2008-04-15 07:17 | イキモノとか


<< 巷いろとりどり それでも鯉は鯉♪ >>